ホーム / 地価 / 贈与税の時効

贈与税の時効

被相続人の死因について

被保険者……父将来の被相続人契約者-保険料負担者子供将来の相続人保険金受取人……子供将来の相続人父が死亡した際に子供に入金される保険金には相続税はかからず、このプランは、所得税-時所得がかかるものです。
保険金-払った保険料-50万円節税効果を考えたものです(この詳しい仕組みは第3章01参照)。時所得は×1/21に課税されるので、子供が未成年の場合などは保険料を支払えないので、毎年の保険料相当額を親が子供に贈与することになります。この場合、とくに、保険料の払い込み期間が10年などと決保険料の総額を加入時点で計算することもできます。

まっている場合には、しかし、結論から言うと、このやり方は連年贈与にはなりません。ある外資系生命保険会社の営業マンの方から「うちの社内研修で連年贈与に該当すると習いました」先日、とお聞きしましたが、これは間違っています。なぜならば、贈与する総額が決まっている連年贈与は、前提だからです。「総額と決まっている場合に成立してしまうものなのです。

イオンモールつくばここで取り上げた生命保険のプランは、連年贈与はあくまでも円を●年に分けて贈与する」しかし、赠与契約は各年のものであり、加入時点で未来のことは不明生命保険は払込期間の途中で解約する可能性もある現在は0歳であっても、子役などで収入を得る可能性もあるので、将来は自分で払える可能性もある円建てならともかく、ドル建てでは最初に円ベースの総額が確定しないという理由により贈与する総額を確定させることはできないのです。

生命保険営業の方に「孫を契約者にして、孫名義の預金から生命保険料が引き落とされていれば、なお、以前、孫への贈与が成立しますよね」と言われたことがありますが、これも違います。

定期借家契約

赠与が成立しているかどうかはその手前の行為です。引き落とし口座の名義が孫だったとしても、実質は祖父母の財産である孫名義の預金から生命保険料が引き落とされているだけとも言えるわけです。

資産家は、赠与税を支払っても損にはならない!?

非課税にこだわらないほうがうまくいくことも

相続税を節税するために、祖父母や両親が子供や孫に贈与をするケースはよくあります。
これまで見てきたように、「110万円という贈与税がかからない枠」注意が必要なのは、に思考を縛られる方が、かなりの資産家の方にもいることです。この資産家の方が110万円という枠にこだわるなら、非常に長い年数がかかることを前提に、若いうちから始めることが必要になってきます。贈与を相続税の節税対策で利用するならば、「いくらの贈与税を支払って、いくらの相続税を節税するのか?」という考え方が重要です。
相続税の税率>贈与税の税率という範囲であれば、贈与税を支払っても節税効果は十分に見込めます。攻めの贈与税の納税戦略これはです。それぞれの税率を計算し、比較してみることです。

生命保険は払込期間の途中で解約する可能性もある大切なことは、贈与税と相続税、いくらの贈与であれば、実際の税率具体的に見ていきましょう。いくらの贈与税がかかり、そのは何%なのか?次の図を参考に、まず次の上の表を見てください。20歳以上の直系卑属(先祖から子孫へと縦につながる血縁で、自分より後の世代の子供や孫など)それ以外に行う贈与は、に行う場合と、場合で、支払う贈与税額が変わってきます。左ページの下の表は、実際の税率を計算したものです。
この直系卑属への贈与額をもとに、贈与額に対する実際に支払う贈与税を、贈与額で割ったものです。上から見ていくと、贈与額710万円までは実際の税率が10%前後なのがわかります(贈与額が1110万円になると、かなり上がります)。

18.9%と、必ずしも110万円の枠にこだわることなく、例えば贈与の最も低い税率1年間につき310万円までで贈与しても、つまり、相続税との比較によっては、またはこれを超える贈与をしても、まだ得である可能性があるということです。

【具体例】

◆5億円の相続財産で、

債務がなく、相続人が子供3人という事例です。子供3人に10年にわたり一定額を贈与するケースを考えてみましょう。01人につき110万円の赠与を行う場合1年間で330万円10年で3300万円の財産の移転。

贈与税は合計0円非課税

土地の相続税評価額を下げるという相続税対策であることが多いでしょう。

1人につき710万円の赠与を行う場合1年間で2130万円10年間で2億1300万円の財産の移転。贈与税は合計2700万円。この場合、贈与税2700万円を支払うことになり、一見損な感じがするかもしれません。次に、これを相続税を支払う場合と比較してみます。相続税の速算表上のを見てください。この速算表の税率は、被相続人の遺産全体にかかる税率ではありません。
被相続人の財産から、債務借入金を控除し、基礎控除額も控除し、これを「法定相続分で按分した後の金額-法定相続分に応ずる取得金額」にかける率です。

次の図のこの計算によって求められ、贈与による節税対策を行わない場合、相続税の合計額は、約1億3000万円となります。次の図このように、方、1人につき710万円の贈与を3人に10年間2億1300万円行った場合、相続税の合計額は約5070万円となります。

贈与税を2700万円支払ったにしても1億3000万円5070万円+2700万円-5230万円結果として約5200万円の得をしたことになります。
となり、もし、同じ額の財産の移転を、非課税の範囲である110万円で行った場合はどうなるかというと、1人の財産移転総額が7100万円なので、7100万円÷110万円被相続人になるべき方の年齢が若い場合は有効ですが、ある一定の年齢に達した方には向かい節税対策です。相続税の税率>贈与税の税率となっているならば、この110万円という非課税の枠にはこだわる必要はないのです。
しかし、贈与にも注意点があります。
スターターマンションこの「相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は、相続財産に取り込まれて相続税が計算されてしまう」点です(支払った贈与税がある場合は相続税から控除してくれそれは、相続人以外に対する赠与は、相続開始前3年以内でも相続財産に取り込まれることはないので、状況によってはこちらに重点的に贈与する手もぁます。
ただし、孫などのり得ます)。【相続税の基礎控除額】課税価格の合計額が基礎控除額を超えなければ、13000万円+6000万円法定相続人の数で計算される。納税は生じない【法定相続分】民法に定められた遺産の取り分の割合(その割合で実際に相続されるかどうかは別である)。次図を参照贈与を相続対策として利用するならば、多くの子供や孫に対して行うことです。

ですから、なるべく早めに開始すること、そして、被相続人になる方が30代、40代の場合は、まだ自分の相続を意識しにくいでしょう。もし35歳の方が30年かけて相続税対策をするなら65歳までかかります。

著者について: