ソープで週1

風俗に勤めていた5年前は

セックスできて
「本当」実花若いのに遊んでないんだねー.」まさか由美がそんなに彼氏が居たとは知らなかった。私って少ないのか?しかもヤッただけの人もいるんでしょ??すごいなー私はただただ変に感心していた。「てか2人もそのくらいいるの?」私はヤスとマリオにも聞いた。「おう。そんくらいじゃん!」「まあ、俺はヤッただけの女とかはいないけど!ヤスがニヤニヤしながら答える。応付き合うし「てか若いうちに遊ばないと損するから「いやーマジびっくりだよ私は」「いや実花のがびっくりだよ!!私の周りみんなチャラいし」由美が楽しそうに笑う。
処女は半狂乱になってしまうかもしれない

チンポはギンギンどころかこれまでにないような硬さに

結局このまま由美のチャラい体験話しが始まり解散した。意外にもヤスは「終電間に合わなくなるぞ!!」と私達を心配してくれ早めに店を出て駅のホームまで送ってくれた。「じゃあ俺達はホーム逆だから!またな」ヤスが私達に手を振る。「うんバイバイよ」私も手を振った。由美と2人渋谷駅のホーム。帰宅するサラリーマンやギャルで溢れている。

 

デリヘル嬢お尻のように深い切れ込みとなっているその付け根に

Kさんの言ったことも、結構本気だったんだろうな。それから俺は時々、Kさんの土地に建ったビルに入ってる飲み屋で、「資産はいったい、何億あるんですか?」「そういう風にきくなよ、何十億って言えよ」Kさんと二人で飲んだ。さりげない口調でKさんは言った。俺は思わずむせて咳き込んだ。Kさんは、警官でいることで、自分は社会的に破綻しないでいられるのだと言った。警官になってなかったら、今頃どうしていたか分からない、確かに、何十億もの資産や土地を持っていたら、感覚が麻痺してしまう。
オナニーのし過ぎによるホルモンバランスの崩れの恐さやデメリットを知ったからです

デリヘル日和?
一般社会からかけ離れた生活に、常識も失う。放蕩の限りを尽くして、と。一生まともな社会生活は送れないかもしれない。金っていうのは、なさすぎてもありすぎても、人間を堕落させる代物なんだな。まあそれでも、貧乏人の俺から見たらうらやましい話だけどな。でも、金持ちは金持ちなりの苦悩があるんだ。

 

バイブは待ってましたとばかりにぐちゅぐちゅと音を立ててあゆみの

「はい」脱ぎたてホヤホヤ幸せそうなオヤジ脱ぎたての彼女のパンツのぬくもりを感じながら幸せそうな顔をしていた。そして次はわたしの番だ。私はギラギラしてる目で見られるのに耐えられなかった。だからすばやく脱ぎオヤジに渡す。「はい!!」そしてセフレのも受け取る。満足そうにオヤジは言った。そして3人分、4万5千円を財布からだした。

オマンコを舐めたり吸ったりして愛液を味わっていました


「名前は?」「へー橋本さんね!てか、いつもこんな事してるの?」「うん、趣味だから」「じゃあ、もうさっそくパンツあげるよ!」その時だった。「あのできれば生脱ぎしてもらえませんか?」はぁ?こいつどんだけ気持ち悪いんだ.すると彼女がニヤっと笑った。「えっ」「はぁ?わかった?」強気な彼女。「はいわかりました」「いえい」橋本は何も言えずそれに従った。交渉がうまい。「じゃあ脱ぐよそう言うと彼女はノリノリでスカートの下からパンツを脱ぎ橋本に渡した。
股間に力が入って